ハムスター

突然の別れ

2月なのに暖かい日が続いてる。今日なんて小春日和。

来週はまた寒いらしい。三寒四温・・・?まだ早いよね。

     

これを書かなくちゃ前に進めない。

先週の金曜日、ハムスターのまめが死んでしまった。

その日私は美容院に行っていて、遅く帰ってみると子ども達が泣いていた。

私が帰る30分前頃、みいが餌をやろうとのぞくと、回し車の前でバタリと

倒れていて、でもまだ目は開いていて、「まめ!まめ!」と叫んで慌てているうち

スーッと目を閉じ息を引き取ったそうだ。

あまりに思いもかけないことで、信じられなくて、私はその小さな亡骸を

手に乗せ、何度も何度も撫でて泣いた。

ついに手乗りにすることが叶わなかったまめ。ああ、本当は生きてるうちに

ふわふわした小さなきみを、こうして手の平に乗せたかったんだよ。

     

それからのその日の記憶はほどんどない。

翌土日は悲しみに沈んだ休日となった。

お昼前に、庭の南天の木の根元に、家族全員で埋めてやった。

部屋に残った空っぽの飼育ケースや回し車などを見るのが辛くて辛くて

早々に片付け、子ども達がすべて洗った。

それでもしばらくまめのいた二階の部屋に行くのが悲しかった。

それぞれが、何度もまめを思っては泣いた。

     

*******

     

今でも泣きこそはしないけど、かわいいしぐさを思い出しては、「まめ

こんなことしてたね」などと話すことがある。

ペットを飼うことは、皆をやさしい気持ちにさせてくれるけれど、小さければ

小さい生き物ほど難しいのだと痛感した。

特にハムスターは寿命が約2年と短命だけど、まめはたったの半年ほどしか

生きなかった。

お約束のように「もっと~してやればよかったのだろうか」とか「原因は何

なんだろう」とか、後悔と自責の気持ちに苦しめられネットでも色々調べてみた。

すると、突然死だと思っていたけれど、思い当たることがだんだんわかってきた。

ある時ガクッと体重が落ちたこと。回し車からドサッと落ちることが度々

あったこと。飼い始めの頃に骨折してること。

    

ハムスターは、体が不調でも、野生の性(さが)で敵に弱いところを見せないよう

元気に振舞うものなのだそうだ。

まめも、元気そうに見えて、きっと打撲か何かが原因で弱ってたんだと思う。

体重が減った時点で獣医さんに見せて処置を施したり、回し車を外したりして

運動を制限しなくてはいけなかったのだといろんなサイトで知った。

      

私達の無知からまめの寿命を縮めてしまった。

小さな生き物を飼うのは簡単そうだが、実は奥が深く、当然と言えば当然だが

知っておくべきことがたくさんある。

職場の友人に、「まあ初めてだから、これからだんだん飼うのも上手になるよ」

と慰めてもらったけど、まめには本当にかわいそうなことをした。

    

でもまめのおかげで、ペットを家に迎え、育て、そして見送ることがどういうことか

(早すぎたけれど)、子どもたちにもよくわかったと思う。

そして私も、ペットロスで悲しんだり落ち込んだりする人の気持ちが、

ほんの少しかもしれないが、想像できるようになった。

みいも、「学校で友達に話したら、ペットが死んだことがある人は皆『ああ、

わかる、よくわかるわ』って悲しいのを自分のことのようにわかってくれたけど、

飼ったことのない人はふーんってよくわかってなかったみたい」と言っていた。

そう、まめの死を通して経験したことは、同じ境遇の人にも寄り添えたり

理解できるようになる・・ということだったのだ。

    

まめには申し訳なかったけれど、感謝の方が大きい。

ありがとう、まめ。

    

    

    

| | コメント (0)

冬越え

2月になっちゃった。008

この1週間、雨あり風ありで寒かったけど、

我が家のまめ助は元気です。

     

      

あれは元日の夕方、お参りも済み、年賀状も書き、お年玉も渡して

ひととおりの行事を終えた後うとうとしていたら、(早速寝正月だったのだ)

     

(‘o‘)「おかあちゃん、まめが元気ない。」と子どもたちの声が。

      

見ると、小屋から半分体を出して、まめがぐったりしている。

眼はつむったまま。鼻先に餌を置いても反応なし。

(いつもなら餌袋のガサッという音を聞いただけで飛び出してくる)

     

こっこれは異常事態だ!!Σ( ̄ロ ̄lll)

       

ということで、急いで暖房を入れ、電気ストーブを持ってこさせて、とにかく

温めた。小動物が、食べなくなったらおしまい。お願いだから食べてsign03

・・と祈るように見守っていると、眼が半分開き、そーっと手(前足)を出して

餌を引きよせ、ゆっくり食べ始めた。

ああ、神さま・・・ 。゜゜(´□`。)°゜。

食べた、食べた、食べたら一安心。

そしてしばらくするとのそのそと動き出し、だんだん元どおり動き始めたのだった。

やれやれ、肝を冷やしたぜ・・・sweat02

     

調べるとこれは「擬似冬眠」というもので、気温が低いままになるとこういう状態に

なり、そのまま死に至るところだったらしい・・・(lll゚Д゚)

      

それまで勝手にまめの適応能力を信じていた私たちだったけど、もう二度と

あんなかわいそうな姿は見たくない!ということで、子ども達がお年玉から

出し合って買ったものがこれ↓

Photo 小動物用ヒーターです。

オレンジ面が高温、裏が低温という設定。

けっこう温まるのでこの上にタオルを二重にして

敷き、飼育ケースを置いてます。

     

      

電気代が一日あたり0.3円って書いてあったけど、 ほんとかな。

まあ、背に腹は代えられません、まめのためだ。

そして冬の間だけ、寒い北のカズの部屋から南側の寝室にお引っ越し。

      

おかげで寒い日もこうしてぬくぬく寝ています。

Photo_6

   

     

わき腹が呼吸で上下して、こんな姿を見ると

小さくても「命」を実感しちゃう。      

ああ、まめ、生きてるんだね。

    

    

     

  

            あたりまえでぃっ!          007_5               

| | コメント (0)

変顔

011_2  ん??

     

    

    

    

    

    

    

    

012 ぷぷぷ。^m^

    

 変な顔。

     

    

    

    

    

    

    

    

狭いところが好きなのはわかるけど、ちょっとこれは・・・sweat01

頬袋になんか入ってるからなおさら変だよ。

     

 

     

     

013

    

    

    

 どこでも寝れるのは誰かさんといっしょ。

 (はいはい、そうですね)

| | コメント (0)

まめっちの災難

ハムスターの「まめ♂」を飼い始めてもうすぐ1か月。

順調に大きくなってるまめっちだが・・・

    

うちに来て翌日、なんとも可哀そうなことになった。

     

夜、普通に餌を食べたり動いたりしているのだが、なんとなく右の後脚の様子が

変。 よく見るとびっこをひいている。

丸くなってる時もかすかに浮かせていて、しきりになめたりして気にしてるし。

     

ケージの上から吊るしてある水入れの水を飲むとき、絶対おかしいと確信。

後脚で立てないのだ。立って水を飲もうとしても、何度もころんと尻もちをついている。

     

もしかして脚をくじいたか捻挫をしているのかも、と思い、子どもたちの強い

要請もあって翌日、飼って3日めにして動物病院を訪ねることになってしまった。

    

獣医さんは慣れた手つきでひょいっとまめの首ねっこをつまむと、細い細い脚を

丹念に触診してくださった。そして、出てきた言葉は、

     

骨折してますねー。間違いありません。」

     

えええーーーっ  Σ(゚□゚(゚□゚*)   こっ骨折・・・・(絶句)

     

説明によると、ケージの金網をよじ登っていて脚をひっかけるケースは本当に

よくあることらしく、この子もおそらく金網でひっかけたのでしょうね、と。

(そういえば元気一杯よじ登ってたな・・・(-_-;) )

飼育書には手術やテーピングなど色々書いてあるけれど(確かに)、こんなに

小さい体なので無理があるし、自然にしておくのが一番いいということらしい。

怖いのは折れた骨の先が大腿部の皮膚を突き破って出てくることなのだが

この折れ方ではまずその心配はないでしょう、と言って下さった。(そんなことまで

わかるのかーい)

     

「うちに来たばっかりなのにこんなことになるなんて」とみいは泣くし (ノ_-。) 、

この先この子はずっと脚をひきずって生きていくのかと一同沈痛な面持ちで

帰路についた。

帰ってすぐさま透明プラの飼育ケースを買いに走ったのは言うまでもなく・・・

(金網ケージは立派なもので、友人から譲り受けたのだった。友人にも申し訳

ないことになった)

     

あれからなるべく気にしないように世話をしてやってると、いつの間にか大きく

なっていき、本当に気にならなくなっていった。

そして、ふと気がつくと、後脚でちゃんと立てるようになっていた。

     

不思議・・・くっついたのかな?

     

とりあえず、何事もなかったかのように成長しているまめっちなのだった。

     

005_2

    

なんでかわからないけど、もう大丈夫だよ。

    

| | コメント (0)

はじめまして

024_2

  キミはだれ?

  見慣れない顔だね。

  

  

  

  

  

  

   

    

カズの念願かなって、やっとハムスターを飼い始めました。

名前は「まめ」、オス♂です。

  

早くも我が家のアイドルになりました。

   

057

  

   

   

   

   

   

   

早く「手乗りハム」にならないかなー。

| | コメント (2)