« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

あわわ

ゆっくり秋が深まるのかと思っていたら、一気に寒くなり、

気がつけばもう11月が終わってしまうではないか!!ヾ(.;.;゚Д゚)ノ

     

こんな調子じゃあっという間に年末、あっという間に来年、あっという間に2年後、

3年後、4年後・・・あっという間におばあちゃんになっちゃうぞ!!(`◇´*)

     

『光陰矢のごとし』を身を持ってひしひしと感じる今日この頃、新聞のコラムで

先日、こんな記事を見つけた。

     

↓ 以下、抜粋。(平成20年11月19日付山陽新聞『滴一滴』より)

     

「もうこんな時間に」「まだ、これだけか」。同じ時の経過も人によって感じ方が違う。

楽しいと短く、退屈な時は長く感じると思っていたが、そうばかりではなさそうだ。

 「一年は、なぜ年々速くなるのか」(竹内薫著)に、作家鈴木光司さんの時間を

速めない工夫を紹介している。日、週、月単位などで生活に変化や彩りを添える

よう心掛けることだそうだ。

 楽しいことや興味あることは短時間で終わってしまう感じだが、後で振り返ると

充実感が残って一年を長く感じさせる。逆に何もせず退屈な時や多忙でも達成感が

得られない時などは、長く感じても印象が薄れて一年では短く感じるというわけだ。

     

     

おお、最後の3行など全く当たっているではないか。

あまり記憶に残ってない年っていうのは、充実感や達成感に欠けているからか。

     

本当に、時間を大切に使うという課題は、私にとって一生物みたい。

     

080

    

     

 玉野市・深山公園のもみじmaple    

     

| | コメント (4)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »