« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

出費の年末

仕事納めーー!! 

     

本来なら30日まで年末は仕事があるのだが(銀行関係だからね)、今年は土日の

おかげで今日でおしまい。年明けも忙しそうだ・・・

      

気がつけばもう28日、今年もあと僅かしかない!

ものすごいスピードで日が経っていくが、ここ最近凹む出来事が立て続けに2件。

     

①車を擦ってしまった。

剣道部の納会で配る弁当やお菓子を運ぼうと、体育館と校舎の間のスペースを無理

に入ってしまい、給食室横のスロープの壁にガガガッと行ってしまった。

白い車体、左後輪の上部に10センチ余りの黒い傷。超凹み。ごめんなさい。

ダンナが傷直し用の塗料その他を買ってきてた。

     

②ついに冷蔵庫がダウン。

あれ?冷凍庫のものがやわらかくなってる?と思ってると、みるみる、まるで冷凍が

機能しないという事態に。大ショック。冷蔵も、虫の息のような冷気。

この猛暑で、ずいぶんダメージを受けたんだろう。しんどそうだったもんなあ・・・

急いで近くの家電店に走り、なんとか今の寸法に近いものを見つけるも、3連休中

だったため配送は連休明けと宣告され更に凹む。生協の保冷箱に氷を買って入れ、

ガンガン詰めてしのいだ。(肉・魚はゆでて、焼いて、炒めて加熱しまくり。)

       

13年間働いてくれた冷蔵庫。寿命だったのでしょう。

で、新しい冷蔵庫がやって来ました。

Photo

     

日立の「PAM」って機種です。

   

   

     

    

    

    

    

     

以前と違って、扉が観音開き。

Photo_2

    

    

    

    

     

     

まだ慣れません。つい昔のように横の方を持って開けようとしてしまう。

(真ん中だっつーの。)

あとチルド室が小さいし(真空にすることが出来る)、冷凍庫や野菜室の棚など

いまいちうまく活用できない。なじむのにもう少しかかるかな。

      

しかし、ああ、棒茄子(ボーナス)が・・・ヽ(´ロ`;)ノ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

あこがれ

山陽女子ロードレースがありました。

10キロコースとハーフコースとがあって、外国の有名選手も来ます。

      

うちのすぐ近所もコースになっているので、今年は見に行こうじゃないか、と出掛けて

きました。(ほんのそこまで)

新聞に書いてあった通過予定時間の前に家を出てみると、沿道の応援はまばら。

こりゃよく見えるぞ、とわくわく。

でも写真を撮るのはなかなか難しかった。(撮ってよかったんだろうか・・・?)

Photo_5

    

     

この時点でトップのマーラ・ヤマウチ選手。

     

      

       

隠れてしまったけど、すぐ後ろにキムエイ選手がピタッとつけてました。

あとでテレビで観ても、この先ずーーっとつけてて、ゴール直前で一気にスパート

して抜かすんだろうな、と思ってたら予想通り1位になってました。

     

Photo_6

シモン選手。シドニーでQちゃんとデッド

ヒートの末、銀だった。と新聞に書いて

あった。(そうだった、そうだった、

思い出したよ。)

    

     

    

まだレースの前半だったけど、この時点で苦しそうに見えた選手が何人かいた。

シモン選手も苦しそうだった。

今回初めて選手たちの息遣いを間近に聞くことが出来て、迫力を感じました。

マラソンて体力もだけど、気力も相当いるだろうなあ。

私もあんなに走れたらいいなあと思うけど、思うばかりで、実際は2,3キロ走ると

つらくなる。(夏にやせよう!と運動公園を何周か走ったことがあります。)

      

強靭な精神力と贅肉なしの、ムダのない肉体。(これだよ、これ)

並大抵の努力ではここまでなれないのはわかってる。

でも、いいなあ、マラソン選手。すばらしい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

中途半端クリスマス

もうすぐクリスマス。

   

あちこちのおうちで施されたイルミネーションを見ては心踊らされ、「家を建てたら

私も!」と思ってたもんだが、去年買ったライト(LED)が不良品で返品するはめに

なり、一気にトーンダウン。今年はどうでもよくなった。

それでもトイザらス(←ちゃんと ”ら” が平仮名で変換される!)で、まあかわいいかな

と思った星型(わかりにくいけど)のイルミネーションを購入。

今年は我が家はこれのみ。さみしいけど来年増やすことにします。

Photo_2

  

   

   

   

   

   

    

     

     

ツリーも今年やっと念願かなって、180㎝のを買いました。

Photo_4

   

   

   

   

   

 135㎝と比較してね。(あまりわからないか・・)

   

   

   

   

    

これも自分の気に入った飾りしかつけたくなくてポツポツ買っていこうと思ったが、

そうこうしてるうちに日が経ち、スカスカのまま終わりそう。

こちらも来年頑張ります・・・

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

衝動買い

先日友人へのおみやげを買いに「ロマラン」に行ってみたら、

こんなカップに入ったプリンアラモードがありました。

        ↓

1

     

     

     

     

      

    

クロスステッチの刺繍柄です。

すごくかわいくて、一目見て「これは絶対買わなきゃ!!」・・と友人用ではなく私用に

買いました。

図案も参考になりそう・・・って最近は針と糸を持つこともあまりなくなってしまいましたが・・

でも、こういうの大好きです。

     

ロマランは久しぶりだったけど、おいしそうなケーキがたくさんありました。(じゅるっ)

いかんいかん、セーブしないと、通ってしまいそうになる・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ちょっと和みました

ああ、もうなんだか師走というだけで落ち着かない。

大掃除もやらなくちゃいけないのに、相変わらず剣道の行事の準備や町内会の役員の

仕事などなど何かしら用事が入る。おまけに仕事も超多忙!!税金関係も忙しいが、

私が1人でやってる株式配当金の処理もこの時期ものすごく集中してる。なんでみんな

して配当期間をこの時期に設定するのですか!!忙しい時期客に銀行来させなくても

いいじゃない。

     

先日の夜は役員の仕事で、無灯火自転車の指導に行って来た。

街灯も薄暗い高架下、真っ暗の自転車で通り抜けていく、主に学生を注意する。

素通りのつわものもいるが、お巡りさんもついていてくれたので大半は照れ笑いをしな

がら「すみません」と割と素直にライトをつけていた。

意外と何人かの高齢の人がふてぶてしく無視していくのにはちょっと驚いた。

若者の方がよっぽどかわいげがある。

     

1時間ばかり寒空の中を立っていたので、芯から冷えてしまって、歩いて帰るにも脚の

感覚が変。さすがの私も震えながらとぼとぼ家路に向かっていると・・・・ん?

     

あれに見えるのは・・・

     

     

Oh

     

     

     

     

      

     

     

     

     

      

      

     

お、OH! くん!!

     

     

     

・・・・OH!(OH!くんの鳴きまねで)

(ローカルネタです。)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

願書提出と誕生日

もうだいぶ日が経ってしまったが・・・

     

カズが受ける予定の中学入試の願書提出日がやってきた。

バタバタと返信用封筒だの成績証明書だの一緒に入れるものを用意して、いよいよ願

書を清書する番に・・・

が、本人署名欄が2か所。

カズの字は、小1の頃から変わらず すごく汚い のだ。

もう、何度「ゆっくり書きなさ~い!!」と叱っても、ちゃらちゃらちゃら~っと走り書きのよ

うな、殴り書きのような字を書く。

いくら内容的にいいことを書いていたとしても、ものすごく アホっぽく見える。

なので、清書する前に何度か練習して書かせた。(たった4文字なのに)

それでも書く速度が速くなりそうなので、横から「速い!速いよ!!」と口を出す私。

     

やっと封をして郵便局に持っていくだけの状態になると今度は、

「もう書いちゃったんだからね。あとには引けないよ。」的なことをくどくどと。

     

うるさいなあ、この母は、エラそうに。そんなこと、わかってるよねえ。

     

*****

     

この日(12月2日)はカズの誕生日でもあった。12歳になった。

12年前、私は丸2日間陣痛で苦しんだのだ。(苦しかったってことだけ覚えてる。具体

的 な痛みは忘れた。) 超難産だった。

できるだけ自然分娩で、と頑張っていたが、ついに緊急手術になった。

ずっと産道に詰まってたカズも苦しかったと思う。股関節は開ききり、口の中には血塊が

たまって産声も出なかった。(助産師さんが逆さにして口の中を掻き出してやっと泣い

た。)  外で見守ってたダンナは「死産か?!」と思ったらしい。

生まれたはいいが、低体重児で保育器に入れられ、ちょっとだけ退院も遅れてしまった。

     

なんだか大変な出産だったが、無事障害もなく、小柄ながらここまで育ってくれて本当

にヨカッタ、と思う。

そうだ、あの頃はただ健康に、すくすく大きくなってくれるだけでいいと思ってたのだ。

どうせ標準より小さい子なんだ、と開き直ってお座りが出来なくても、歩き始めるのが遅

くてもおしめがとれるのが遅くても、「一生こうじゃあるまいし。」と、焦ることはなかった。

それが、成長して小学校に入るととたんに出来ないことが目につくようになった。

親の方も、あれが出来るようにならなくちゃ、もっと○○させないと、と欲が出てくるよう

になったのだ。

   

まあ子どももいつまでも幼児じゃないし、成長段階に合わせて頑張らなくちゃいけないこ

とも増えてくるし、それなりに試練も出てくるので仕方ないとは思うけど。

     

この日くらいは初心に返って、大らかな気持ちを思い出してもよかったのになあ。

(長くなったけどこれが言いたかった。)

Photo_3 

| | コメント (63) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »