« 音楽漬けの日々 | トップページ | 試験勉強 »

音楽発表会

待ちに待った音楽発表会。

小学校では1、3、5年次に教室にて学習発表会、2、4、6年次は体育館で音楽発表会が

行われることになっている。

今年はカズが小学生最後の発表会&みいと2人で出る最後の音楽発表会ということで、

私の両親(じじばば) + 「仕事が休みだから~」と妹までいそいそと観にやって来た。

(ちょっと恥・・)

     

まずは2年生。魔法使いがテーマのミュージカル仕立て。ううっ、かわいい・・・小さい。

一生懸命歌ったりセリフを言ったりしている。ここで、早くも涙腺がゆるんだ。

やばい、すごくやばい。

     

4年生が登場。母&妹が小声で名前を呼びながらステージに手を振っている。(;  ̄_ ̄)

みいも壇上から手を振っている・・・ (;  ̄_ ̄)(;  ̄_ ̄) ・…恥。

指揮・指導が音楽の先生ということもあり、子どもたちの歌も合奏も上手だった。

Photo_2

毎日毎日聞かされた曲たちだが、新鮮に

聞こえる。

最後の『パイレーツ・オブ・カリビアン』は迫

力満点!

ギャングエイジらしく?元気いっぱい。

みんな大きくなったなあ・・・としばし感慨にひたってしまった。

    

    

Photo_3

6年生は指向がガラリと変わってクラシック一辺倒。

これはカズの担任の先生の志向によるも

ので、曲目も合唱は『モルダウの流れ』

合奏は『モーツァルト 交響曲第25番 ト短調 第一楽章』・・・

     

この先生、専門ではないが、音楽教育に並々ならぬ情熱をかける超個性派で有名な先生

なのです・・・今回も8パートに分かれて弦楽器や木管・金管の役をそれぞれこなすという

ので、小学生には無理でないの?と疑問視してたのだけど、さすがスパルタ先生。

もう、想像以上の出来で、難しいけど、速い曲だけど、子どもたちは必死で先生の指揮に

ついていってた。

小学生でここまで出来るとは。どんだけスパルタだったか想像を絶する練習だったに違い

ないだろうけど、本当に圧倒されて、あろうことか涙が出て止まらなかった。(これも予想

外。)

     

そして、会場中も感動の渦となり、拍手が鳴りやまない。たぶん始まって以来のアンコー

ル演奏となった。・・・もうだめだ、涙腺が完全に壊れてしまった。

     

その後もずーっと感動が後を引いてて、家に帰っても余韻に浸ってたのですが。

     

カズが帰って開口一番、

     

「○っち(カズの呼び名)のかあさんマジ泣きしとった!!

 

・・・ってみんなに大声で言われた~  」  と報告。

先生にまで「○っちのお母さん、泣いとったよ!」と言われ、カズ自身も

「かあちゃんが泣いとったのが見えてあ然とした」そうで・・・

     

     

ステージの上からそんなに客を観察できるものなのか。

( ていうか冷静に観察するな(# `д´)!! )

|

« 音楽漬けの日々 | トップページ | 試験勉強 »

子ども」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177858/17124176

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽発表会:

« 音楽漬けの日々 | トップページ | 試験勉強 »