« 哀愁のチボリ | トップページ | 心の風邪 »

民営化

10月になりました。

ここ2、3日 朝方冷えるようになってしまって、それまでの調子でタンクトップに短パンで寝て

いたらもーーー寒くって寒くって(アホか)、慌てて毛布を出した次第です。今日も割と涼しい

1日でした。

     

さて、民営化されたことなどすっかり忘れて、仕事帰りに近所の郵便局へたまたま振り込み

をしに行ってみたら、入るなり  

「いらっしゃいませーー!!(`・∀・´)」   ・・・と案内のお兄ちゃんが立っていてビビりま

した。(あとで案内じゃなくてただのビラ配って営業する人だと知った。)

なんかいつもとちょっと雰囲気が違う、そっか、今日から民営化だったなとすぐに気が付いて

観察してみると、窓口の方が全員若者に変わってました。内装はあまり変わっていませんで

したがカウンターの感じがちょこっといじってあった感じ。あとは制服。帰り道見かけた配達

員の人の服まで変わってた。何億というお金が使われたんでしょう赤字解消は大丈夫かしら

ねなどとヤボなことは言いません。サービス向上に頑張ってほしいものです。 が、しかし。

       

店?を出るときに営業口調で「有難うございましたーー」の連呼は要りません。

先ほどの兄ちゃんの口調も営業っぽい。

    

どうか接客は過剰にマニュアル化しないでほしい。

今までの、「○○さん、なんか保険入っとられるぅー?」みたいなタメ口トークでも別にいい

よ。うちの近所の郵便局の人は今までも十分感じよかったです。庶民のための郵便局で

あってほしい。

     

マニュアルは最初だけかもしれないけどww

     

|

« 哀愁のチボリ | トップページ | 心の風邪 »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177858/16630170

この記事へのトラックバック一覧です: 民営化:

« 哀愁のチボリ | トップページ | 心の風邪 »