« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

反省

先週授業参観があった。

     

この日は全校参観日で、1時間の授業を、2人分半々で観なければならなかった。

      

まず、みいの教室へ。いまだに私の姿を見つけると軽く手を振るお子ちゃまである。

その日は全校が人権学習をしていて、みいたちは男女の役割について勉強していた。

ふむふむ、なかなか面白そうだなあ。だけど、カズの教室にも行かなきゃいけないし、みいの

顔もよく見えるので、廊下から見てた。

     

この廊下での参観はくせもので、知ったお母さんと会うと、「あら久し振り~ (‘∀‘)ノシ 」

となる可能性が大。案の定つかまってしまった。

「なあなあこないだのS校説明会行ったん?!」で始まり、したくもない受験の話を延々と。

むげにできない性格なので、ついつい受け答えしてしまって、肝心の参観が出来ないままカズの

ところへ行くハメになった。

     

ああ、今度から何があっても、移動が面倒でも、絶対教室の中に入って授業を観よう、と心に

誓った。(実は初めてのことではないが・・・今回はひどかった。)

     

お母さんたち、私語がうるさいよーー!!(あんたもじゃ!!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エリート養成

ある肌寒い土曜日、県立の中高一貫校の説明会に行ってきた。

     

なんとなく中学受験に興味がある、という理由でとりあえず塾に通い始めて(この辺のことは

またの機会に書くとしてw)はや半年以上たった今、おのれの現実もわかり始め、すっかりテ

ンションが下がってきているカズではあるが、塾の先生の「プラスの経験になるから」という励まし

もあり、これまたとりあえず願書はもらっとこうか、というもくろみで行った。

     

校門に入るなり 「おはようございます!!受付はあちらです!!(‘∀‘)ノ 」

と、まぶしい笑顔の在校生たちがお出迎え。

     

受付の子たちも実にてきぱき、ハキハキと応対している。さすがだねえ。

     

今回はいわゆるオープンスクールではなく、入試説明会だったので、半数は親だけの参加で

うちもカズは塾だったので私ひとりで(友人母と一緒だったけど)参加した。

     

少々退屈な校長先生のお話のあと、在校生&卒業生(現高校生)自身による学校の特色や

授業カリキュラム、学校生活などのプレゼンテーションがあり、生徒達の堂々たるスピーチに

またまた圧倒されてしまった。(・・・ひと昔前のNHK「青年の主張」のようだ・・・。)

     

この学校はうちの学区から比較的通いやすい距離にあることもあり、わが小学校から毎年20

人前後(1/5~1/4くらい)受験するほど関心が高い。

その生徒たちがいきいきとスピーチした内容は、

・必修教科の他に、自分が勉強したい科目を選べる「選択科目」授業が多い。

・ディベートや、PCなどを使って自分の調べたことや考えを発表するこの学校独自の「コミュ

ニケーション」の授業があり、表現力を磨くことにも重点をおいている。

・英、数は少人数でティームティーチング。(全部ではないと思う。)

・英語しか使えない「英語合宿」がある。もちろん、普段の学校にも外国人講師が常在。

・総合学習も大学や企業から講師を呼んで行ったりする。

・2年次に京都、3年次に東京へ修学旅行へいくが、観光のほかは京大・東大の研究室や

企業の研究室を訪問する。(これがメイン)

・高校へは全員無試験で上がれる。そのかわり、高校受験という目標がないので学習意欲が

低下しないよう、平日2時間・休日4時間の家庭学習の義務?付け。宿題もどっちゃり出る。

    

・・・・などなど、なんだかエリート養成のための内容(のように私には思えた)。

こりゃ、みんな行きたくなるはずだ。というか、親が行かせたくなるはずだ。どうりで前述の

ような子たちが育つはずだよ。

こんな中学生活を送ってエスカレーター式に高校に上がれば、一般入試で公立中学から

入った生徒と比べて学力の差が歴然としているということもうなずける。

    

当然、合格できるのは本当に頭の良い子に限定される。(倍率は最近6倍くらい)

集団面接もあり発言力のある子が有利らしい。まったくそんなキャラではなく、平々凡々な

成績のカズでは無理に等しいのはわかっているのだが・・・

     

どうする?「経験」のために受けてみる?

しばらく苦悩は続きそうである。(でもあまり時間がない。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

記念日

10月8日は結婚記念日でした。

     

3連休の最終日、忙しくて何もしてない、赤飯すら炊いてない。

乾杯しようと思って杏露酒を買ってきたのだが、まだ飲んでない。

      

一応13周年(出会ってからは15年半)、あっという間だったけど、色々あったので「まだ13

年?」て気もする。

      

これまで幾度となく、

「ねえ、あたしと結婚してよかったと思う?」

「そんなん死ぬ時になってみんとわからん。お前はどうなんや。」

「えっ私?!    ・・・・・ うーーーーーーん ・・・・・  (;一_一) 」

・・・と、繰り返されてきた会話。

よかったのかどうか来年もわからぬまま14周年を迎えるのだと思う、たぶんきっと、お互い。

(しかしなんで「死ぬ時」なのかずっと意味がわからない。)

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

剣道三昧

修学旅行の翌日は3連休だったけど、3日間すべて剣道でつぶれた。

     

岡山武道館で、東京などから講師を呼んで、200人あまりの少年剣士たちに講習会と実技

の研修が行われた。3日間朝から夕方まで、疲れてるだろうにタフだね、キミたち・・・

Photo

       

 しかし誰かがついてないといけないということで、

 私もほとんど拘束された。

      

       

      

かわいそうだったのは、みい。

かあさんを、いつも兄ちゃんの剣道でとられてる。みいは何も習い事をしてないので、彼女の

ためだけに時間を費やしてやることがない。

せっかくの3連休、お父ちゃんと2人だけで過ごして耐えた。(波長の合う2人なのでそれはそ

れで楽しかっただろうけど)

ごめんよ。機会を作ってフォローしてやらなければとは思ってるんだけどねぇ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

おみやげ

金曜日、無事にカズが修学旅行から帰ってきました。

     

「いちばん楽しかったのはUSJ」で、「教科書に載ってたものがいっぱい見れた!!」だそう

で。大仏さんにも、金閣寺にも、感激して帰ってきました。

宿泊したのは、東寺というお寺の敷地内にある施設で、夜散歩してライトアップされた五重の

塔がきれいだったそう。京都らしいところに泊まれてよかったね。

夜は、怖い話を聞かされそうになったので、早く寝てしまったこと、USJでは班の一人が迷子

になって、ETただひとつしか乗れなかったことなど、ちょっと心残りもあったようだけど、旅行

の総評は・・・

     

 「すっごい、すっごい楽しかった!!」

       

・・・語彙不足です・・・

      

ひそかにちゃんとお土産が買えたか心配してましたが、家族1人ずつ&家族用のお菓子(い

ちごとバナナ味の八ッ橋でした)・両実家・剣道部用・・・としっかり買えてまして、家に着く

なり早速お披露め会となりました。

                                                                                                                                

002

← 私へのおみやげは、奈良で買ってくれたかわ

   いい鹿のストラップ。(かわいすぎ^_^;)

  イメージだったのね♡

     

     

      

しかし一番のみやげはキミの無事な笑顔だよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

見送り(親バカ)

カズが修学旅行に旅立って行きました。

     

愛しのカズ、京都の空の下でいったい今ごろ何してる?

トランプ? 枕投げ?(古)

ちなみに私は、枕投げというものをしたことは一度もありません。

     

集合は最寄りの小さな駅だったので、新幹線のホームからは見送りませんでしたが、ちょう

ど仕事に行く途中で、通過する新幹線を見送ることが出来ました!

     

007 行ってらっしゃ~~い!!

     

     

      

     

      

・・・わざわざ橋の上まで行って撮りました。

     

小学校からも新幹線がよく見えるので、みいたち在校生も屋上に上って応援団の旗を振っ

たりして見送ったそうです。ちゃんとわかったかな?

     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心の風邪

明日はカズが修学旅行に旅立ちます。

さっきまで持ち物のチェックをしてました。しかし!!

     

旅行用にと取っておいた穴のあいてない靴下を、彼は今日、はいてしまっていた!!知ら

ない間にどの靴下もつま先やら足の裏が薄くなってたりして、それプラスどうにか繕ったら

OKなのを取っておいたのに。予備はなし・・・  もぉっ ばかーーー!!と言いながら別の

マシなのを繕ったりしてました。(今日のヤツも洗濯した)

(注:うちの子は穴をかがった靴下も平気ではきます)

     

それだけでなく、同じく旅行用にと新しいタオルを洗っておいたのに、ダンナが風呂場に持っ

て入ってた。もぉぉぉぉっ!!(# `д´)     今慌てて乾かしてます。

     

前日になって何やってるんだろう・・・

あと寝るときの服も、京都の夜は寒いのかそれほどでもないのかよくわからないので、

長袖と半袖と両方持って行き、と言っておいたのに、「荷物になるから長袖はいらん。」っ

てカバンの外に出してある。

大丈夫かなあ~~   まあなんとかなるよね、一泊だし。

     

ところで、不覚にも風邪をひいてしまいました。

のどと鼻のちょうど中間くらいが痛いし、鼻水も出るし、ぼーっとする。でも10月は公私とも

に忙しいので倒れるわけにはいかない。自分をごまかしながらいつの間にか治ってくれるの

を待ってます。

     

で、今日ぼーっとしながら買い物をしていると、前の職場の派遣さんにばったり出会いまし

た。今、担当の社員さんが心の病で何か月も休んでて大変らしい。 

     

私に無理難題を要求してたあの社員さんが。正直複雑・・・

もう一人、違う部署で同じく出社出来ない社員さんがいるらしいけど、その人はそんなこと

微塵も感じさせない聡明な人でした。それだけに、我慢してたのか、痛々しい・・・

私が在籍してた時も、一人若い社員さんが来なくなったなあ。(精神的なもので)

花形企業とも言えそうな会社で(私はただのバイトだったケド)優秀な社員さんが多かった

が、仕事はそれなりに過酷なんだろう。社内組織の改編も度々行われてるみたいだし。

     

最近、うつ病にかかる人が多いって聞くけど、夫の職場にもいるらしく本当みたいです。

初期のうつ病って「心が風邪をひいた状態」だから、気軽に専門の病院に行くように、と聞

いたことがありますが、実際の風邪のように簡単にはいかないよねえ。

仕事も休むと滞っちゃうとかいろいろ考えて、我慢して我慢して、爆発しちゃうんだろうな。

もっと早くに手を打てばいいのだろうけど、なかなかね・・・

     

ストレスが多過ぎる時代なのか、それとも現代人(私を含め)が弱くなったのか・・・・

どうなんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

民営化

10月になりました。

ここ2、3日 朝方冷えるようになってしまって、それまでの調子でタンクトップに短パンで寝て

いたらもーーー寒くって寒くって(アホか)、慌てて毛布を出した次第です。今日も割と涼しい

1日でした。

     

さて、民営化されたことなどすっかり忘れて、仕事帰りに近所の郵便局へたまたま振り込み

をしに行ってみたら、入るなり  

「いらっしゃいませーー!!(`・∀・´)」   ・・・と案内のお兄ちゃんが立っていてビビりま

した。(あとで案内じゃなくてただのビラ配って営業する人だと知った。)

なんかいつもとちょっと雰囲気が違う、そっか、今日から民営化だったなとすぐに気が付いて

観察してみると、窓口の方が全員若者に変わってました。内装はあまり変わっていませんで

したがカウンターの感じがちょこっといじってあった感じ。あとは制服。帰り道見かけた配達

員の人の服まで変わってた。何億というお金が使われたんでしょう赤字解消は大丈夫かしら

ねなどとヤボなことは言いません。サービス向上に頑張ってほしいものです。 が、しかし。

       

店?を出るときに営業口調で「有難うございましたーー」の連呼は要りません。

先ほどの兄ちゃんの口調も営業っぽい。

    

どうか接客は過剰にマニュアル化しないでほしい。

今までの、「○○さん、なんか保険入っとられるぅー?」みたいなタメ口トークでも別にいい

よ。うちの近所の郵便局の人は今までも十分感じよかったです。庶民のための郵便局で

あってほしい。

     

マニュアルは最初だけかもしれないけどww

     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »