« 英語漬け | トップページ | 息抜き »

原爆の是非をめぐる記事について

久間前防衛相が「原爆はしょうがない」発言をして辞任し、昨日の新聞には米国側も

戦争終結のため原爆投下の正当化を表明した、とあった。(偶然時を同じくした?)

まったくこの手の発言を聞くと、怒りを通り越して悲しくなる。

   

久間氏の弁解の様子もテレビで観たが、私には「アメリカの考えの紹介」をしているよ

うには見えず、自身の考えそのもののように聞こえた。辞職だって選挙のためで

あって悪かったとは思ってないのが見え見え。すがすがしい顔してんじゃないよ。

   

確かに原爆投下に踏み切った理由は当時のソ連を牽制するためであるというのは

ほとんど定説ではあるが、「しかたない」と公言するのはどうか。

私が不思議なのは氏が長崎出身であること。

被爆地・広島と長崎の人にとって原爆には特別な思いがあり、惨状や体験は他県の

人より身近に心に刻みつけられているはずだ。(と私は思っている。)

あの阿鼻叫喚の地獄絵図を知らずに育ったとは思えずなぜあんな発言が出来るのか

疑問。まあ平和教育を受けて育っても、大人になって世界情勢を知るうち、同じように

思う人や「平和のために武器は必要」とか色んな考えに変わっていく人もいるだろうし

戦後の混乱期に子ども時代を過ごした人には平和教育なんてなかったのかも。

それにしてもこの人の議員生活は地元の人の声を真に聞いていた、地元に根付いた

政治をしてなかったんだろう。被爆者の人はどんなに傷付いただろう。

   

いつもいつも閣僚の失言をかばう安倍さん率いる日本政府も、口では原爆の非を 

唱えながら被爆国の立場を強くアピールできずアメリカ追従の姿勢を崩さない。

本当に核廃絶を願っているなら、日本政府は広島・長崎と歩調を合わせるべきだ。

そして米首脳陣を被爆地に呼ぶくらいの努力をしたらどうか。

     

久間氏の後任もさっさと決めて、次の参院選に国民の意識が向きつつあるのでホッと

してるかもしれないけど、29日の結果が面白いことになるのを願っている。

|

« 英語漬け | トップページ | 息抜き »

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177858/15686949

この記事へのトラックバック一覧です: 原爆の是非をめぐる記事について:

« 英語漬け | トップページ | 息抜き »